【既存金融機関系・助言型ロボアドバイザー】カライスを徹底解説!

中堅証券会社が提供する助言型ロボアドバイザー

今回取り上げたいロボアドバイザーは、カライスです。
中堅証券会社である東海東京証券が提供する助言型ロボアドについて、当サイトでも評価をしたいと思います。

カライスは、助言型のロボアドバイザーですが、三菱UFJ国際投信(MUKAM)が提供するポートスターと似ているのと、最終的に提案される投資信託がMUKAMが運用するeMaxisになっています。

この点を踏まえると、MUKAMが販売協力のために、東海東京証券にロボアドのエンジンを提供したのではないかと、当サイトでは推測しております。

さて、そんなカライスですが、以下の4つの視点から分析し、格付(S>A>B>C>Dの5段階)を付与したいと思います。

  1. ポートフォリオ構築・助言機能
  2. 運用実務機能
  3. ユーザー管理機能
  4. コスト(手数料)

助言型と、投資一任型を横並びで比較するのは、難しいですが、投資一任型とも比較できるような視点を極力盛り込むことで、比較を可能にしているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1. ポートフォリオ構築・助言機能

助言内容は至ってシンプルで、ベーシックなものです。主なポイントは以下でしょうか。

  • 平均分散法に基づいた時価総額インデックスに対するパッシブ投資を再現(イボットソンアソシエイツがジャパンが技術提供している模様)
  • 投資家に提案するポートフォリオの数は5つと、個々人の細かい志向を反映するには少ない印象
  • 最終的に、助言に合わせた自社のバランス型ファンド(eMaxis)を提案(中立性には欠ける印象)

2.運用実務機能

最終的にバランス型ファンドに誘導するため、その中でリバランスや再投資(配当に対する税金もかからない)がされる点は、投資一任型と比較した際の効率的な一面として評価できます。

この点は、必ずしもカライスだけに当てはまる利点ではなく、同様にバランス型ファンドを提案してくれるロボアドは他にも提供されています。

また、究極的には、「提案ポートフォリオに近い、低コストのバランス型ファンドを自身で探せば良い」という見方もできます。正直、それは面倒ですが。。

3.ユーザー管理機能

UIはシンプルで分かり易い作りですが、資産構成しか表示されないため、この点はポートスターよりも情報が不十分で、マイナス評価です。

4.コスト(手数料)

助言型ロボアド全般に言えることですが、助言サービスそのものには、手数料はかかりません。最終的にMUKAMの投資信託(eMaxis)を購入してもらい、東海東京証券は、投資信託の信託報酬の一部を得る仕組みになっています。

なので、ユーザー側から見たコストは、投信手数料(売買手数料や信託報酬等)のみとなります。
eMaxisシリーズは、ノーロードのため売買手数料がゼロで、信託報酬も0.5%程度と投資一任型と比較すると相対的に安いとは思います。

もちろん、投資一任型の手数料は将来的には安くなっていくと思われますが。。

まとめ

以上、4つの視点で分析してきた結果、カライスの評価はCとします。

助言内容はオーソドックスかつ、中立性がないため評価は相対的に低くなります。ユーザー管理機能も、資産構成のみが表示される点は不十分と言えます。

ただ、助言内容を考えると、コスト効率は良いと感じます。
自社のバランス型ファンドであるeMaxisシリーズが提案されますが、当シリーズは信託報酬等が比較的低いのと、ファンド内でリバランスをしてくれるので、取引手数料や税金といった面でも、効率が良いと考えます。

ただ、せっかく証券会社という立場でロボアドを提供する訳ですから、本当にユーザーのことを考えるのであれば、MUKAMの商品以外も扱えるようにした方が、良いと思うのですが。。

今後のサービス改善を期待し、当サイトでは、引き続きカライスの動向を追っていきたいと思います。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*