【既存金融機関系・助言型ロボアドバイザー】投信工房を徹底解説!

使い勝手の良い助言型ロボアドサービス

今回取り上げたいロボアドバイザーは、投信工房です。
老舗ながら、国内初のネット取引を開始した証券会社である、松井証券が提供する助言型ロボアドについて、当サイトでも評価をしたいと思います。

投信工房は、非常に良く作りこまれ、中立的かつ使い勝手の良いサービスを実現しております。松井証券がユーザー満足度を第一に考えて、作りこんでいる様子が伺えるため、好印象なロボアドサービスです。

さて、そんな投信工房を以下の4つの視点から分析し、格付(S>A>B>C>Dの5段階)を付与したいと思います。

  1. ポートフォリオ構築・助言機能
  2. 運用実務機能
  3. ユーザー管理機能
  4. コスト(手数料)

助言型と、投資一任型を横並びで比較するのは、難しいですが、投資一任型とも比較できるような視点を極力盛り込むことで、比較を可能にしているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1. ポートフォリオ構築・助言機能

助言内容は至ってシンプルで、ベーシックなものです。主なポイントは以下でしょうか。

  • 平均分散法に基づいた時価総額インデックスに対するパッシブ投資を再現
  • 投資家に提案するポートフォリオの数は5つと、個々人の細かい志向を反映するには少し心許ない
  • 松井証券で扱っている投資信託銘柄群から、低コストを重視したオススメ投信を提案してくれるため、中立性には期待できる

2.運用実務機能

基本的に、松井証券の機能に依存しますが、松井証券では、このロボアドサービスのために以下のような機能を追加してくれており、他の助言型ロボアドにはないユニークな点として、評価が高いです。

  • 投信工房内で投資を開始でき、積立投資も最適バランス買入もしてくれる
  • 投資信託のためファンド内で再投資をしてくれる可能性が高い(その場合、配当課税がないが、配当が出るものも含まれる可能性はある)
        ⇒助言型ながら運用を仕組化できる流れができている

3.ユーザー管理機能

UIは、多少複雑ですが、分かり辛い作りにはなっていません。モニタリング情報として、資産構成や過去シミュレーション、将来予測に加え、リスク/リターン分析といった、有意義な情報が網羅的に掲載されています。

4.コスト(手数料)

助言型ロボアド全般に言えることですが、助言サービスそのものには、手数料はかかりません。松井証券の販売チャネル戦略の一つという位置付けなので、最終的に松井証券に手数料を落としてくれれば良いというビジネスモデルです。

なので、ユーザー側から見たコストは、投信手数料(売買手数料や信託報酬等)のみとなります。低コスト重視で投信を選定するため、その手数料は安くなることが想定されます(0.3~0.5%程度?)。

まとめ

以上、4つの視点で分析してきた結果、投信工房の評価はAとします。

助言内容はオーソドックスですが、中立性が担保されている点は評価が高いです。ユーザー管理機能も、一通りのモニタリングに必要な指標が揃っている点も良いのではないでしょうか。加えて、低コストを重視した投資信託を選定しているため、コスト効率性も高いです。

そして、何より、運用実務機能が非常に優れていると感じます。
投信工房内で投資を開始でき、複数の投資信託をに対して、積立投資ができ、提案されたポートフォリオの比率が崩れないように、最適な割合で買入もしてくれます。

また、投信工房は、スマホ向けアプリもリリースが開始されています。松井証券は、ユーザー満足度を最大限に考えたサービスが、日々考え、展開している印象です。

今後、ますますのサービス向上を期待し、当サイトでは、引き続き投信工房の動向を追っていきたいと思います。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*