【既存金融機関系・投資一任型ロボアドバイザー】ダイワファンドラップオンラインを徹底解説!

大手の対面型証券会社が提供する初の投資一任型ロボアドバイザー

今回取り上げたいロボアドバイザーは、ダイワファンドラップオンラインです。
国内大手証券会社の一角である大和証券が提供するロボアドについて、当サイトでも評価をしたいと思います。

実は、国内大手証券が、投資一任型のロボアドバイザーを提供するのは初の試みとなります。恐らく、すでに人力ファンドラップを提供しているため、そこと顧客の奪い合いになるとの判断から、躊躇している所が多いのではないでしょうか?

そうしたなか、大和証券が投資一任型ロボアドバイザーを提供した(提供せざるを得なかった?)点は、資産運用業界における大きな動きとして捉えても良いという気がします。

さて、そんなダイワファンドラップオンライン(名前が長っ!)を以下の4つの視点から分析し、格付(S>A>B>C>Dの5段階)を付与したいと思います。

  1. ポートフォリオ構築・助言機能
  2. 運用実務機能
  3. ユーザー管理機能
  4. コスト(手数料)

1. ポートフォリオ構築・助言機能

運用は至ってシンプルで、ベーシックなものです。主なポイントは以下でしょうか。

  • 平均分散法に基づいた時価総額インデックスに対するパッシブ投資を再現
  • 投資家に提案するポートフォリオの数は9つと、個々人の細かい志向を反映できる傾向は相対的に強い
  • 自社グループの投資信託からポートフォリオを構築しており中立性には劣る

2.運用実務機能

リバランス・再投資以外に目立った機能はなく、イマイチ感が拭えません。。

3.ユーザー管理機能

3つのタイプ(ライフプラン・投資・リスク許容度)を選択し運用計画を設計でき、投資目的も踏まえた上で投資計画の全体像が理解できます。この点は、他社ではあまり見られないユニークな点と言えます(マネラップぐらいでしょうか)。

この点も含め、以下が、主な評価ポイントでしょうか。

  • 種々の目的に合わせた運用計画の立案が可能で細やかな配慮がある一方で、内容が複雑で分かり辛いため、改善の余地がある
  • ライフプランタイプでは、目標達成の可能性が低い場合は計画見直しを勧めてくれる
  • ライフプランタイプでは、目的に合わせた運用計画を掲載している
  • 資産構成や将来予測といったベーシックな情報を掲載する一方で、過去シミュレーションがなくテールリスクが把握し辛い可能性も

4.コスト(手数料)

最低投資金額は50万円からとハードルは相対的に高いです。また、コストがトータルで見て1%+αという水準は、他社と対比した相対的な水準で見ると高いです。大和証券の人力ファンドラップと比較した場合は、安いのでしょうが。。

ただし、コストについては、国内でもロボアドバイザーサービスが増えてきたなか、米国同様に価格競争になると思われ、将来的には更に安くなっていく可能性が高いとみます。

まとめ

以上、4つの視点で分析してきた結果、ダイワファンドラップオンラインの評価はBとします。

運用はオーソドックスな上に、自社グループ商品に投資する点は、ユーザーのことを真剣に考えているとは思えません。おまけに、他社と対比した時のコストが高い点もやる気を感じません。

一方で、(投資計画が複雑で投資初心者には使い辛い面もあるものの)投資目的やライフプランも含め、自身の投資計画の全体像が理解できるようになっている点は評価したいです。

今後のサービス改善を期待し、当サイトでは、引き続きダイワファンドラップオンラインの動向を追っていきたいと思います。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*