【既存金融機関系・投資一任型ロボアドバイザー】楽ラップを徹底解説!

初の国内籍投信を用いたロボアドバイザー

今回取り上げたいロボアドバイザーは、楽ラップです。
国内大手ネット証券会社の一角である楽天証券が提供する投資一任型ロボアドについて、当サイトでも評価をしたいと思います。

楽ラップは、国内大手ネット証券による初の投資信託を利用したロボアドバイザーです。

それ以前は、全てETFを利用してポートフォリオを組んでいましたが、楽ラップでは、売買手数料が無料の所謂ノーロードの投資信託を利用します。

さて、そんな楽ラップを以下の4つの視点から分析し、格付(S>A>B>C>Dの5段階)を付与したいと思います。

  1. ポートフォリオ構築・助言機能
  2. 運用実務機能
  3. ユーザー管理機能
  4. コスト(手数料)

1. ポートフォリオ構築・助言機能

運用は至ってシンプルで、ベーシックなものです。主なポイントは以下でしょうか。

  • 平均分散法に基づいた時価総額インデックスに対するパッシブ投資を再現
  • 投資家に提案するポートフォリオの数は3~5つと、個々人の細かい志向を反映するには少し心許ない
  • ステートストリートとアセットマネジメントOneのノーロード投資信託からポートフォリオを構築しており相対的に中立性には劣る
    (パッシブ投資なので、手数料の安ければ良いという判断もできるが…)

2.運用実務機能

積立やリバランス、再投資といった基本的な機能に加え、ロスカット機能(TVT機能)が付いている点はユニークな点として評価できる。

3.ユーザー管理機能

UIはシンプルで分かり易い作りになっています。モニタリング情報として、資産構成や将来予測といったベーシックな情報を掲載する一方で、過去シミュレーションがなくテールリスクが把握し辛い可能性があります。

4.コスト(手数料)

最低投資金額は10万円からと平均的な水準です。また、コストがトータルで見て1%未満という水準は、他社と対比した相対的な水準で見ると低いです。

また、手数料が①固定報酬型と②成功報酬型と、ユーザー側が選べる点もユニークです。

コストについては、国内でもロボアドバイザーサービスが増えてきたなか、米国同様に価格競争になると思われ、将来的には更に安くなっていく可能性が高いとみます。

まとめ

以上、4つの視点で分析してきた結果、楽ラップの評価はBとします。

運用はオーソドックスですが、ノーロードの投資信託を利用しており、トータルのコストを下げる努力は評価できます。とはいえ、その投資信託の対象が狭く、若干中立性が低いのはマイナスポイントでしょうか。

一方で、ロスカット機能や成功報酬型のサービスを提供しており、他社にはないユニークな点として評価したいです。

今後のサービス改善を期待し、当サイトでは、引き続き楽ラップの動向を追っていきたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*