【独立系・助言型ロボアドバイザー】VESTAを徹底解説!

注目されるフィンテックベンチャー提供の助言型ロボアドバイザー

今回取り上げたいロボアドバイザーは、VESTAです。
フィンテックベンチャーであるGood Moneygerが提供する助言型ロボアドについて、当サイトでも評価をしたいと思います。

Good Moneygerは、元リーマンブラザース証券に所属していた清水氏が2015年に立ち上げたフィンテックベンチャーです。

直近では、ベンチャー企業のアクセラレータ・プログラム 「MUFG Digitalアクセラレータ」の第二期生に選出されるなど、波に乗っているようです。

Good Moneygerは、楽天証券とIFA契約を締結することで顧客取引手数料の一部を得るビジネスモデルのため、VESTAを用いて助言料は取らないようになっております。一般的に、人が営む投資助言業は、手数料として助言料を取るのが主流なので、良心的といえそうです。

さて、そんなVESTAですが、以下の4つの視点から分析し、格付(S>A>B>C>Dの5段階)を付与したいと思います。

  1. ポートフォリオ構築・助言機能
  2. 運用実務機能
  3. ユーザー管理機能
  4. コスト(手数料)

助言型と、投資一任型を横並びで比較するのは、難しいですが、投資一任型とも比較できるような視点を極力盛り込むことで、比較を可能にしているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1. ポートフォリオ構築・助言機能

助言内容は、他の助言型ロボアドサービスと比較すると、手厚い印象です。主なポイントは以下でしょうか。

  • ライフプランに基づいた運用方針・計画を立案してくれる
  • 平均分散法に基づいて個々人に合わせた最適なポートフォリオを提案
  • 投資家に提案するポートフォリオの数は5つと、個々人の細かい志向を反映するには少ない印象
  • 楽天証券を通じて、市場全体から投信ポートフォリオを提案するため、中立性が担保されている

2.運用実務機能

取引等は、基本的に、楽天証券の機能に依存します。
一方で、助言機能については、ユーザ登録をしてから、利用することができるようになり、メンバーサイト内で編集や調節が自由に可能となっています。

3.ユーザー管理機能

UIはやや複雑ですが、そこまで分かり辛い作りにはなっていません。資産構成や過去シミュレーションといったベーシックな情報を掲載する一方で、将来予測がなく投資成果のイメージが分かり辛い点は、マイナス評価でしょうか。

グローバルに見た景況感サイクル(4段階⇒春夏秋冬)と各地域の景況感レポートを毎月発行してくれます。ユーザーにとっては、売買タイミングも図る情報となるため、他社にはないユニークな点として評価できます。

4.コスト(手数料)

助言型ロボアド全般に言えることですが、助言サービスそのものには、手数料はかかりません。なので、ユーザー側から見たコストは、投信手数料(売買手数料や信託報酬等)のみとなります。

モニターとして、試用段階のときに中の人に確認した際は、好みに合わせた投信を選んでくれるとのことで、コストを重視した投資信託の選定が、選択可能と思われます。

まとめ

以上、4つの視点で分析してきた結果、VESTAの評価はB+とします。

独立系・助言型ロボアドサービスとして、ユニークな点があるのは評価できます。

最適なポートフォリオの提案は、至ってベーシックですが、景気循環を独自モデルで分析し売買タイミングにも情報提供がなされるのは、他社にはないサービスとして高く評価できます。

ライフプランに基づいた運用方針・計画を立案してくれる点も助言型としては、今までなかったので、嬉しい機能と言えそうです。

登録だけなら、無料でできるので、とりあえず無料登録だけでもしてみる価値はあるのではないでしょうか。

フィンテックベンチャーが提供していることを考えると、今後、革新的なサービスが飛び出すことも期待できるため、当サイトでは、引き続きVESTAの動向に注目していきたいと思います。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*