仮想通貨が有望な投資先になる理由

ビットコイン、、、誰でも名前だけは聞いたことがあると思います。
多くの方は、ビットコインに投資?仮想通貨に投資?

怪しい…

と思うのではないでしょうか。

ですが、当サイトでは、ビットコインを始めとする仮想通貨を、有望な投資先として認識しております。本記事では、その理由や展望をお話ししたいと思います。

ブロックチェーンという技術による裏付け

基本的に、仮想通貨は、ブロックチェーンという高度な技術に裏付けられています。

誤解を恐れずに、ブロックチェーンを一言で表現すると、仮想通貨の取引履歴ということになります。

ブロックチェーンをなるべく分かり易く解説したエントリーがQiita上にありましたので、以下に引用します↓

ビットコインのブロックチェーンとは、 ビットコインの通貨をどのアドレスからどのアドレスに送ったということが記録されている履歴(データベース) ということになります。
そして、そのデータは一つの場所に保存されているのではなく、 取引記録は、Bitcoinのネットワークに参加しているコンピュータに分散されて保存されています。

ブロックチェーンは、取引記録(トランザクション)を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したものになります。
チェーン状に繋げることによって、のちにデータを変更、改ざんすることが実質不可能になります。

(『Qiita:わかりやすいブロックチェーン(blockchain)とは何か? の説明』より)

ポイントは、取引履歴の改ざんが実質的に不可能という点です。
これにより、資金決済等の執行速度を、安全性を保ちながら、低コストで劇的に向上させることが出来るため、ブロックチェーンは、金融機関等の従来の決済インフラを一新させる技術として非常に注目を集めています。

こうした、国内外の金融機関が注目するブロックチェーン技術に裏付けられた仮想通貨は、それそのものに価値があります。

円やドル、ユーロといった通貨は、通常、それそのものに価値はなく、1万円の原価は20円程度と言われていますが、ある意味仮想通貨は、その価格がそのまま、その仮想通貨の価値と言っても良いのではないでしょうか。

こうした従来の通貨と比較しても、仮想通貨は大きな可能性を秘めていると考えます。

ビットコイン以外の仮想通貨

仮想通貨は、ビットコインが元祖なのですが、それ以外にも様々な通貨があります。そうしたビットコイン以外の通貨は、総称してアルトコイン(Alternative Coin)と呼ばれています。

主なアルトコインとして、イーサリアムやリップル、ネムといった通貨が有名所と思われます。

仮想通貨市場の全体観をある程度把握することが出来るCryptoCurrency Market Capitalizationsという有名なサイトがあるので確認してみて下さい(本当の全容は誰にも分からないとは思いますが…)。

このサイトによれば、現在、世の中には866の仮想通貨があるようです。

すごいですね。初の仮想通貨であるビットコインが世に出てから、まだ10年も経っていないのですが、これだけの数の仮想通貨が発行されているんです。

日本円や米ドルといった、従来の通貨が、公式なもので172と言われているので、その数の多さと発行スピードには目を見張るものがあります。

とは言え、気を付けたいのは、全ての仮想通貨に需要があって、全ての仮想通貨に投資すれば利益が期待できる訳ではありません。結局、仮想通貨も、その価格は、従来の通貨と同様に、需要と供給で決まります。

つまり、需要がより多く、供給がより少ない通貨は、価格が上がり易いです。

需要の面は、相対的な魅力で決まります。他のコインよりも、より良い技術に裏付けられた通貨だと、認識されれば、それだけ需要は高まる訳です。

なので、この需要が先々高まるであろう通貨を見極めることが、仮想通貨投資で成功するための重要なポイントと言えます。当たり前なことですが、意外にこうした市場原理を見過ごしている投資家が多いんです。

供給の面は、通貨によって様々で、供給量に上限が決まっているものもあれば、無限に供給されるものもあります。一般的には、供給量が決まっている方が、価格は上がり易くなります。

この点も、仮想通貨投資をする上で、重要なポイントなので、必ず確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、仮想通貨を有望な投資先として認識する理由を概観してきました。また、ビットコイン以外にも、アルトコインと呼ばれる仮想通貨が様々あり、仮想通貨市場を形成していることをお話しました。

将来的な需要と供給の面で、有望な仮想通貨を見極めることが、仮想通貨投資で成功するための唯一にして最大のポイントと言えます。

仮想通貨の元祖にして、最大級の時価総額を誇るビットコインは、2009年に発行されて以来、1円台だった価格が今や50万円を超える水準にまで上昇しています。つまり、もし1万円でも投資をしていたら、5億円になっていました。

もちろん、その間、上がり下がりを繰り返したり、Mount Goxという取引所のビットコインがハッキングにより盗まれる等、紆余曲折があり、右肩上がりでひたすら上昇してきた訳ではなく、損失を被った方も当然いたはずです。 

なので、「投資すれば絶対に利益が出ますよ」とか、巷に溢れている詐欺まがいのことを言うつもりはないです。

ですが、当サイトにおいては、この仮想通貨の革命と魅力を少しでもお伝えできればと思いますし、仮想通貨銘柄の個別分析を公開していく予定なので、ご期待ください。

尚、投資は自己責任でお願いします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*