Bankera(BNK)の配当が魅力的な3つの理由

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

今回は、Pre-ICOで投資を行ったBankera(BNK)についての報告です。

以前、BNKのICO参加を奨めた記事に、『BNK トークン保有者にはバンクエラとスペクトロコイン(両者統合後はバンクエラのみに)の純取引利益の20%が毎週支払われる』とお伝えしました。 

そんなBNKの配当がいつの間にか結構入ってきていたので、簡単にレポートします。

BNKの配当はこんなに魅力的

BNKの配当は、スペクトロコイン(バンクエラ)におけるユーザー取引に基づいた取引利益の一部(20%)が分配されます。

そんな配当が、魅力的な理由を以下の3つに分けて考えてみました!

  1. 確実に毎週分配されている
  2. 業績次第で分配が増える
  3. ETHで分配される

確実に毎週分配されている

すでに、スペクトロコイン(バンクエラ)で仮想通貨の取引事業が運営されており、収益が発生しています。このため、配当はもう発生しています。しかも、投資来約8週間ですが、毎週欠かさずに配当がされています。

これは、他のトークンでも配当を謳っているものはありますが、実績があるのはほぼ皆無なので、素晴らしい実績だと思います。

加えて、毎週配当があるので、チャリンチャリンお小遣い感覚で、配当が入ってくるので嬉しいですよね。

現在の所、配当率は年率で3%程度なので、REITや債券等の配当や利息が、4~6%であることを考えると、正直、そこまで高い配当率な訳ではないと思います。

ただ、スペクトロコイン(バンクエラ)が、まだ設立間もないベンチャー企業であることを踏まえれば、十分な水準ですし、今後の価格の伸びも期待できますよね。

業績次第で分配が増える

 また、事業収益が増益となれば、それだけ配分も増えます。今は、まだ立ち上がったばかりのサービスなので、これからどんどん増えることが期待されますよね。

ETHで分配される

そして、何より配当がイーサリアム(ETH)で得られるんです!これって、気づき辛いですが重要なポイントだと思っています。

たとえば、GBYTEという仮想通貨があるんですが、これもエアドロップと呼ばれる配当があり、GBYTEそのもので分配されるんです。

これの何が問題かというと、配当された瞬間に、GBYTEの供給量も増えるので、GBYTEの価格も下落しやすいんです。実際に、配当が行われた瞬間に、売りが入って、値崩れが起きるという現象を繰り返しています。

一方で、BNKは、ETHで分配されるので、そういった心配がありません。

加えて、BNKが安い時に買えれば、ETHを安く仕入れることが出来るというのも見逃せない点ですよね。ETHは、かなり高くなってしまっているので、BNKを通じて、安く仕入れられると嬉しいですよね。

仮に、BNKがICO後に安くなってしまっても、買い増せば、より配当率が高まることが期待できるんです(ETHが値下がりしなければですが)。

でも少しだけ懸念が…

どんなに良い投資にも、リスクや懸念はあります。

一つは、配布トークンが増えると、配当が減ることになります。

つまり、前回Pre-ICOがあり、更にICOでトークンの配布がされます。その結果、BNKトークン保有者が増えると、その投資家にも配当を分配する必要があるので、その分だけ、分け前が薄まってしまいます。

これは、ICO終了後に、配当率がどうなるかをまたレポートしますね。

もう一つは、事業収益が思うほど伸びない場合です。そうなると、当たり前ですが、配当は減るし、価格も下がるでしょう。 

事業状況については、彼らのウェブサイト等で随時、公表されていくことと思いますので、要チェックです。

それでもBNKに投資を検討すべき理由とは

それでも、BNKを薦めたい理由は、他のトークンには中々ないことなんですが、事業基盤がしっかりしていることでしょうか。

すでに、スペクトロコイン(バンクエラ)で仮想通貨の取引事業が運営されており、収益が発生しています。このため、配当はもう発生しています。

しかも、毎週欠かさずに配当があります。これだけ、しっかりした実績は、他のトークンではほぼ皆無と言って良いかと。

彼らなら、懸念点を吹き飛ばして月まで連れて行ってくれると信じております(笑)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、BNKの配当の魅力をお伝えしました!ポイントは以下の3点です。

  1. 確実に毎週分配されている
  2. 業績次第で分配が増える
  3. ETHで分配される

もちろん、リスクや懸念はあります。しかし、個人的には、最も信じているトークンの一つです。ぜひ皆さんも投資をご検討下さい!

BNKのICOに参加

それでは、皆さんも投資で明日を切り開きましょう!

ではでは。

※ 投資は自己責任でお願いします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*