ICO銘柄分析

もう「ICOって何ですか?」は許されないフェーズに

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

仮想通貨を触ったことがある方なら、ICOという言葉は聞いたことがあると思います(詳細は以下の記事にて)。

【ICOという革命】誰でもベンチャー投資が出来る時代に

ICO銘柄の法的な位置付けを調べてみたよ

スイスが、投資家保護を目的に、オーストラリアに次いでICOの規制整備に動き出しました。各国もいずれ何かしら動くと思われます(特に仮想通貨に親和的な国は)。間違いなく、ICOは資金調達のスタンダード(の一つ)になるでしょう。

特に金融業界の人は、危機感を持って本気で勉強した方が良いです。という訳で、各国の規制の動きも踏まえてICOに対する私見を書き殴ります。

続きを読む

【ICO銘柄分析】Bankera(BNK)の価格がいくらになるのか考えてみた

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

以前、ICO銘柄の投資対象として分析したBankera(BNK)のICOが継続中です。

参考記事①:【ICO銘柄分析】Bankera(BNK)に投資すべきこれだけの理由

参考記事②:Bankera(BNK)の配当が魅力的な3つの理由

目標額はプレICOを含めると、合計100億BNKという大型案件で、今年の2月末まで販売を継続する予定です。現在順調に投資資金が積み上がっているようですが、BNKの価格は一体いくらぐらいになるのが妥当なのでしょうか。

今回は、その水準について調べてみました!

続きを読む

【ICO銘柄】Digital Developers Fund(DDF)で配当が入りました!

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

以前、ICO銘柄の投資対象として分析したDigital Developers Fund(DDF)ですが、ついに配当が出たので報告します!

参考記事:【ICO銘柄分析】Digital Developers FundDDF)に投資すべき理由

DDFの配当ですが、ホワイトペーパー上では、9月の利益から配分される予定でした。しかし、その配当が支払われず、正直「大丈夫かな?」と思っていましたが、ついに支払われました!

良かった、良かった。という訳で、どの程度の配当がもらえたかどうか報告致します!

続きを読む

【月に向かうICO銘柄】Propy(PRO)を消失した人に捧げるPROトークン復活のさせ方

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

今回は、昨年9月に参加したICO銘柄Propy(PRO)についての記事です。

投資後、速やかにMyEtherWalletに移して残高も確かにあることを確認していたのですが…

先日確認したら残高がゼロ!ヤパイ、盗まれた!と思ったら、意外に簡単に復活させることができました。とはいえ、価格も足元上昇傾向にあったので、かなり焦って妻に狼狽振りを笑われる始末(泣)

もしかしたら似たような境遇の方が今後出てくるかもしれないので、その方が私のように笑われないためにも記事にしておきます。

続きを読む

【月に向かうICO銘柄③】COMSA(CMS)の価格が急上昇

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

ビットコインが、余裕で15,000ドルを超えましたね~。以下の記事に載せたのですが、この水準を超えると、暴落が始まってもおかしくないのですが…?

 

ビットコインがチューリップバブルにしか見えない(笑)

2017年は、「仮想通貨元年で、もうこれ以上の大幅な価格上昇はない」と言われていますが、国内外でどんどん新規参入者が増えていて、来年以降もまだまだ上昇が続きそうな予感もします。

実は、毎年、仮想通貨元年と言われてきたそうなので、2018年こそ仮想通貨元年だったとか言われそうな気もしますよね(笑)

さて、ビットコインを含む仮想通貨相場が活況のなか、価格を急上昇させている国内企業のトークンがあるんです。

続きを読む

【月に向かうICO銘柄②】Status Network(SNT)の価格が急上昇中

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

ビットコインが、ついに10,000ドルを超えましたね~。

バブル、バブルと言われながら、すごい勢いで上がっています。これもバブルの兆候の一つなのかもですが。。

とあるサイトで、過去のバブルとビットコインの価格上昇を比較するチャートがあったのですが、最古のバブルと言われる「チューリップバブル」と価格の上昇の仕方が、ほぼ同じでした(笑)

全く同じ動きをするのであれば、15,000ドルまで上昇したのちにバブルが弾けるようです。。

引き続き、ビットコイン以外の資産、株式や不動産、債券も世界的に高騰していて、仮想通貨市場だけでなく、金融・不動産市場も高騰気味です。

さて、仮想通貨相場が活況のなか、ビットコイン以上に価格を急上昇させているトークンがあるんです。

続きを読む

【月に向かうICO銘柄】ALIS Media(ALIS)に投資したら価格が4倍超に!?

 どうも、eVestment BootCampの管理人、一億総投資家社会を目指す木戸です。

ビットコインが、ついに6,000ドルを超えましたね~。

【ビットコイン価格推移(過去一年)】

2ヶ月で、1.5倍超になっていますね。

バブル、バブルと言われながら、すごい勢いで上がっています。これもバブルの兆候の一つなのかもですが。。

とはいえ、ビットコイン以外の資産、株式や不動産、債券も世界的に高騰していて、仮想通貨市場だけでなく、金融・不動産市場も高騰気味です。

いつ、大きな下落が起きるのか…木戸家の株式投資家、もとい私の妻も日々戦々恐々としながら投資をしています(笑)

さて、今回は、ICOを成功させ、直近上場して、2倍超にまで価格が伸びた銘柄ALIS media(ALIS)の価格動向をご紹介します!

続きを読む

【ICO銘柄分析】Phantom AI(PAI)に投資すべきこれだけの理由

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

今回は日本企業によるICO銘柄のPhantom AI(PAI)を取り上げます。

PAIは、ファントムエーアイ株式会社が手がけるプロジェクトです。この会社は、以前当サイトで取り上げたロボアドサービス『資産の窓口』を提供する財産ネットの兄弟会社になります。

つまり、財産ネットのCEOである荻野 調氏が、設立した会社なんです。

何と、日本初のビットコイン価格の週間予測をAI(機械学習)によって可能にするプロジェクトです!(詳細は、PAIのホワイトペーパーに記載)。

仮想通貨に投資する方からすると、待望のプロジェクトなのではないでしょうか??

はたして、PAIには投資妙味があるのか?早速、分析したいと思います。

続きを読む

ICO銘柄の法的な位置付けを調べてみたよ

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

ICOという言葉が、日経新聞にも取り上げられるようになり、次のフィンテックネタとして、注目度が飛躍的に伸びてますね。

ICOは、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨と比較しても、相当程度未成熟な市場なので、銘柄の半分以上が実態がないと言われてます。

こうしたなか、注目度が上がってくると、気になるのはその法的な位置づけですよね。

投資家保護は?税務面の問題は?…等々

今回は、その法的な位置付けについて調べてみました!

続きを読む

【ICO銘柄分析】Bankera(BNK)に投資すべきこれだけの理由

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

さあ、ICO銘柄の紹介ラッシュですよ!…多分(笑)

今回取り上げるICO銘柄は、Bankera(BNK)です。

BNKは、2013年にアイルランドで設立されたSpectrocoinが手掛けるプロジェクトに向けた資金調達の位置付けで発行されたトークンです。SpectroCoinでは、仮想通貨取引や ウォレット、デビットカードの発行、並びに決済代行サービスの運営がなされています。

Bankeraプロジェクトは、SpectroCoinの現事業を更に発展させる形で、ブロックチェーン技術を活用した新しい銀行事業を構築することに目的があります。将来的には、Bankeraという会社に統合していくようです(詳細は、BNKのホワイトペーパーに記載)。

はたして、BNKには投資妙味があるのか?早速、分析したいと思います。

続きを読む