ICO銘柄分析

ICO銘柄の法的な位置付けを調べてみたよ

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

ICOという言葉が、日経新聞にも取り上げられるようになり、次のフィンテックネタとして、注目度が飛躍的に伸びてますね。

ICOは、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨と比較しても、相当程度未成熟な市場なので、銘柄の半分以上が実態がないと言われてます。

こうしたなか、注目度が上がってくると、気になるのはその法的な位置づけですよね。

投資家保護は?税務面の問題は?…等々

今回は、その法的な位置付けについて調べてみました!

続きを読む

【ICO銘柄分析】Bankera(BNK)に投資すべきこれだけの理由

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

さあ、ICO銘柄の紹介ラッシュですよ!…多分(笑)

今回取り上げるICO銘柄は、Bankera(BNK)です。

BNKは、2013年にアイルランドで設立されたSpectrocoinが手掛けるプロジェクトに向けた資金調達の位置付けで発行されたトークンです。SpectroCoinでは、仮想通貨取引や ウォレット、デビットカードの発行、並びに決済代行サービスの運営がなされています。

Bankeraプロジェクトは、SpectroCoinの現事業を更に発展させる形で、ブロックチェーン技術を活用した新しい銀行事業を構築することに目的があります。将来的には、Bankeraという会社に統合していくようです(詳細は、BNKのホワイトペーパーに記載)。

はたして、BNKには投資妙味があるのか?早速、分析したいと思います。

続きを読む

【ICO銘柄分析】Blackmoon Crypto(BMC)に投資すべきこれだけの理由

どうも、eVestment BootCampの管理人、一億総投資家社会を目指す木戸です。

ICOに対する規制や拒否反応を示す報道等、色々出てますがメゲずに投資を続けますよ!

今回取り上げるICO銘柄は、Blackmoon Crypto(BMC)です。

BMCは、2014年にアイルランドで設立されたBlackmoon Financial Groupが手掛けるプロジェクトに向けた資金調達の位置付けで発行されたトークンです。

プロジェクトの概要は、投資ファンドが自身のファンドを簡単にトークン化出来るようにするプラットフォームを構築・提供することです。そしてBMCトークンは、そのプラットフォームにおける資金の流れに利用されます(詳細は、BMCのホワイトペーパーに記載)。

はたして、BMCには投資妙味があるのか?早速、分析したいと思います。

続きを読む

【ICO銘柄分析】Digital Developers Fund(DDF)に投資すべき理由

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

さて、今回取り上げるICO銘柄は、Digital Developers Fund(DDF)です。

DDFは、2010年に立ち上がったファンドで、元々はウェブ上のドメインネームを対象に投資を行っていたファンドです。最近の仮想通貨投資の盛り上がりを背景に、ICO銘柄を含む仮想通貨への投資を開始しました。

つまり、DDFは、仮想通貨やICO銘柄に選別投資をしてくれるベンチャーキャピタルファンドなのです。自分で選別が難しいという方は、このDDFを活用すると、少ない資金でも分散された仮想通貨ポートフォリオが手に入る訳です。

それでは、早速DDFを分析したいと思います。

続きを読む