仮想通貨投資

プロの投資家なら、誰しもが行っているプライベートエクイティ投資。
その中でも特に人気のあるベンチャー投資。
個人投資家でも一部の富裕層には話が入って来るベンチャー投資。

仮想通貨を活用することで、誰でも、ベンチャー投資が可能な時代に突入しています。

本カテゴリでは、以下のことについて記事にしていきます↓
・仮想通貨が有望な投資先になる理由
・各仮想通貨銘柄についての分析
・ICO銘柄についての分析

【月に向かうICO銘柄②】Status Network(SNT)の価格が急上昇中

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

ビットコインが、ついに10,000ドルを超えましたね~。

バブル、バブルと言われながら、すごい勢いで上がっています。これもバブルの兆候の一つなのかもですが。。

とあるサイトで、過去のバブルとビットコインの価格上昇を比較するチャートがあったのですが、最古のバブルと言われる「チューリップバブル」と価格の上昇の仕方が、ほぼ同じでした(笑)

全く同じ動きをするのであれば、15,000ドルまで上昇したのちにバブルが弾けるようです。。

引き続き、ビットコイン以外の資産、株式や不動産、債券も世界的に高騰していて、仮想通貨市場だけでなく、金融・不動産市場も高騰気味です。

さて、仮想通貨相場が活況のなか、ビットコイン以上に価格を急上昇させているトークンがあるんです。

続きを読む

【仮想通貨銘柄分析】Cryptonex(CNX)のマーケティング手法は斬新だけど…?

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

今回は、前回の記事で紹介した、突然ウォレットに入っていた仮想通貨Cryptonex(CNX)について詳細を調べたので、その共有をしたいと思います。

マーケティングの一種だということが分かり、驚きと同時に面白いなという感覚があります。

仮想通貨やトークンがICOで成功するには、まずは認知度を広める必要があるので、今回のやり方は非常に有効な方法だな~と感心しました。

CNX以外で、ウォレットに勝手に入っていた通貨も、その方法をパクッたのかもしれませんね。

という訳で、その手法を明かしていきたいと思います!

続きを読む

【棚からぼた餅?】勝手に増える仮想通貨

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

今日は、少し恐い話ですが、お付き合いください。

私は、ICO銘柄投資用に、イーサリアムに対応したウォレットのMyEtherWallet(MEW)を利用しているんですが、最近複数の見慣れない仮想通貨が増えてきているんです。

ある日、ふとMEWを確認すると、一つ見慣れぬ仮想通貨が増えていて、調べようと思い放置してしまったんですね。昨日、ふと思い出し、また確認したんですが、更に新しい通貨が追加されてました。

最初は、タダで通貨が増えた!と喜んだんですが…よく考えたら恐いですよね。。
「世の中、タダより恐いものはない」と言いますからね。。

という訳で、後から何か請求されたらたまったもんじゃないので、早速何が要因なのか調べてみました!

続きを読む

【月に向かうICO銘柄】ALIS Media(ALIS)に投資したら価格が4倍超に!?

 どうも、eVestment BootCampの管理人、一億総投資家社会を目指す木戸です。

ビットコインが、ついに6,000ドルを超えましたね~。

【ビットコイン価格推移(過去一年)】

2ヶ月で、1.5倍超になっていますね。

バブル、バブルと言われながら、すごい勢いで上がっています。これもバブルの兆候の一つなのかもですが。。

とはいえ、ビットコイン以外の資産、株式や不動産、債券も世界的に高騰していて、仮想通貨市場だけでなく、金融・不動産市場も高騰気味です。

いつ、大きな下落が起きるのか…木戸家の株式投資家、もとい私の妻も日々戦々恐々としながら投資をしています(笑)

さて、今回は、ICOを成功させ、直近上場して、2倍超にまで価格が伸びた銘柄ALIS media(ALIS)の価格動向をご紹介します!

続きを読む

【ICO銘柄分析】Phantom AI(PAI)に投資すべきこれだけの理由

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

今回は日本企業によるICO銘柄のPhantom AI(PAI)を取り上げます。

PAIは、ファントムエーアイ株式会社が手がけるプロジェクトです。この会社は、以前当サイトで取り上げたロボアドサービス『資産の窓口』を提供する財産ネットの兄弟会社になります。

つまり、財産ネットのCEOである荻野 調氏が、設立した会社なんです。

何と、日本初のビットコイン価格の週間予測をAI(機械学習)によって可能にするプロジェクトです!(詳細は、PAIのホワイトペーパーに記載)。

仮想通貨に投資する方からすると、待望のプロジェクトなのではないでしょうか??

はたして、PAIには投資妙味があるのか?早速、分析したいと思います。

続きを読む

【ビットコイン急騰】仮想通貨市場の直近の動向は?

どうも、eVestment BootCampの管理人、一億総投資家社会を目指す木戸です。

いや~、ビットコインが急騰してますね。

ロングポジションのあるリップルも急騰していて、「ウハウハだ~!」とか思ってたら、それ以外のアルトコイン(イーサリアム除き)が軒並み下がっていて、全体では含み損拡大中でした。。

中々、思ったように上がってくれないですね。

さて、仮想通貨の市場動向を確認するために、現在ツールを作成中なので、そちらの公開と直近の市場動向を軽く解説しようかと思います!

続きを読む

ICO銘柄の法的な位置付けを調べてみたよ

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

ICOという言葉が、日経新聞にも取り上げられるようになり、次のフィンテックネタとして、注目度が飛躍的に伸びてますね。

ICOは、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨と比較しても、相当程度未成熟な市場なので、銘柄の半分以上が実態がないと言われてます。

こうしたなか、注目度が上がってくると、気になるのはその法的な位置づけですよね。

投資家保護は?税務面の問題は?…等々

今回は、その法的な位置付けについて調べてみました!

続きを読む

【ICO銘柄分析】Bankera(BNK)に投資すべきこれだけの理由

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

さあ、ICO銘柄の紹介ラッシュですよ!…多分(笑)

今回取り上げるICO銘柄は、Bankera(BNK)です。

BNKは、2013年にアイルランドで設立されたSpectrocoinが手掛けるプロジェクトに向けた資金調達の位置付けで発行されたトークンです。SpectroCoinでは、仮想通貨取引や ウォレット、デビットカードの発行、並びに決済代行サービスの運営がなされています。

Bankeraプロジェクトは、SpectroCoinの現事業を更に発展させる形で、ブロックチェーン技術を活用した新しい銀行事業を構築することに目的があります。将来的には、Bankeraという会社に統合していくようです(詳細は、BNKのホワイトペーパーに記載)。

はたして、BNKには投資妙味があるのか?早速、分析したいと思います。

続きを読む

【ICO銘柄分析】Blackmoon Crypto(BMC)に投資すべきこれだけの理由

どうも、eVestment BootCampの管理人、一億総投資家社会を目指す木戸です。

ICOに対する規制や拒否反応を示す報道等、色々出てますがメゲずに投資を続けますよ!

今回取り上げるICO銘柄は、Blackmoon Crypto(BMC)です。

BMCは、2014年にアイルランドで設立されたBlackmoon Financial Groupが手掛けるプロジェクトに向けた資金調達の位置付けで発行されたトークンです。

プロジェクトの概要は、投資ファンドが自身のファンドを簡単にトークン化出来るようにするプラットフォームを構築・提供することです。そしてBMCトークンは、そのプラットフォームにおける資金の流れに利用されます(詳細は、BMCのホワイトペーパーに記載)。

はたして、BMCには投資妙味があるのか?早速、分析したいと思います。

続きを読む

【ICO銘柄分析】Digital Developers Fund(DDF)に投資すべき理由

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

さて、今回取り上げるICO銘柄は、Digital Developers Fund(DDF)です。

DDFは、2010年に立ち上がったファンドで、元々はウェブ上のドメインネームを対象に投資を行っていたファンドです。最近の仮想通貨投資の盛り上がりを背景に、ICO銘柄を含む仮想通貨への投資を開始しました。

つまり、DDFは、仮想通貨やICO銘柄に選別投資をしてくれるベンチャーキャピタルファンドなのです。自分で選別が難しいという方は、このDDFを活用すると、少ない資金でも分散された仮想通貨ポートフォリオが手に入る訳です。

それでは、早速DDFを分析したいと思います。

続きを読む