【仮想通貨分析⑥】コインチェック銘柄の最適な組合せはどれだ?

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

仮想通貨市場が少し回復してきましたね。現在は上昇トレンドに一服感が出てしまいましたが、ちょっとホッとしています。

さて、前回の記事で各通貨の期待リターンを算出したので、今回はその期待リターンとリスクを使って最適な仮想通貨ポートフォリオを作ってみたいと思います。
【仮想通貨分析⑤】コインチェック銘柄の期待リターンを算出してみた

果たして、その結果…?

コインチェック銘柄の最適ポートフォリオを構築

今回の試みとしては、コインチェック銘柄の組合せでリスクが最小となるポートフォリオ(最小分散P)を構築したいと思います。

※ 対象とするコインチェック銘柄は以下の12銘柄です↓

  1. ビットコイン(BTC)
  2. ライトコイン(LTC)
  3. イーサリアム(ETH)
  4. ネム(XEM)
  5. ジーキャッシュ(ZEC)
  6. ダッシュ(DASH)
  7. イーサリアムクラシック(ETC)
  8. モネロ(XMR)
  9. リップル(XRP)
  10. リスク(LISK)
  11. オーガー(REP)
  12. ビットコインキャッシュ(BCH)
      (注)ファクトム(FCT)は、データ取得先のラインナップになかったため断念。

最小分散Pの配分比率はどうなるの?

リスクが最小になるように最適化を図る最小分散Pの配分比率は以下のようになります(比較用に各通貨の時価総額の割合(時価総額P)と均等割合(均等割合P)のポートフォリオを用意)

0.1%も配分されない通貨が結構出てきますね。時価総額Pと比較するとDASHやXRPへの配分が増えているのが特徴と言えそうです。 

  最小分散P 時価総額P 均等配分P
ビットコイン(BTC)                54.9%                   53.5%              8.3%
ライトコイン(LTC)                          –                     3.1%                   8.3%
イーサリアム(ETH)                 16.0%                   21.4%                   8.3%
ネム(XEM)                          –                     1.3%                   8.3%
ジーキャッシュ(ZEC)                   0.3%                     0.4%                   8.3%
ダッシュ(DASH)                   8.2%                     1.3%                   8.3%
イーサリアムクラシック(ETC)                          –                     0.7%                   8.3%
モネロ(XMR)                          –                     1.4%                   8.3%
リップル(XRP)                 16.0%                     9.9%                   8.3%
リスク(LISK)                          –                     0.5%                   8.3%
オーガー(REP)                   0.7%                     0.2%                   8.3%
ビットコインキャッシュ(BCH)                   3.8%                     6.3%                   8.3%

最小分散Pの統計データを確認しよう

最小分散Pについて以下の統計データを確認します!

  • 期待リターン
  • リスク
  • 実績リターン(過去1~6ヶ月)
  • 株式との相関は?

期待リターンとリスクは?

時価総額Pと比較すると、期待リターンもリスクも少しだけ下がっています。一生懸命最適化した割には、時価総額Pと比較してリスクがあまり変わらないのは微妙な気持ちになりますね。。

  最小分散P 時価総額P 均等配分P
期待リターン 2.3% 2.4% 2.6%
リスク 4.8% 4.9% 6.0%

実績リターン(過去1~6ヶ月)は?

実績リターンの結果はどうでしょうか(最も高いリターンを赤太字でハイライト)?

  最小分散P 時価総額P 均等配分P
1ヶ月リターン -2.2% -3.0% 0.7%
2ヶ月リターン -28.2% -28.0% -34.1%
3ヶ月リターン -33.7% -33.7% -40.5%
4ヶ月リターン -38.8% -40.3% -45.6%
5ヶ月リターン 57.1% 54.0% 92.3%
6ヶ月リターン 122.0% 121.1% 208.3%

5・6か月は上昇相場ということもあり、均等Pが最も高いリターンとなっていますが、過去4か月までの下落相場において、最小分散Pはほとんどの期間でマイナス幅がより小さい結果となっています。

しかし、時価総額Pに対してはほぼ全ての期間でリターンを上回っているというのは面白い結果です。XRPの効果が大きそうですね。

株式との相関は?

最後に、日本の株式市場(TOPIX)との相関を確認します。相関が低いほど株式との分散効果が出るため、株式投資家が仮想通貨の最小分散Pを持つ意義が強くなります。

結果として、0.2弱の相関係数と低くなるため一定程度意義があることが確認できました。

  最小分散P 時価総額P 均等配分P
TOPIXとの相関係数 0.17 0.16 0.09

(計測期間は2018/4/20~2017/8/4の260日間)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、コインチェック銘柄の組合せでリスクが最小となるポートフォリオ(最小分散P)を構築しました~。

  最小分散P 時価総額P 均等配分P
ビットコイン(BTC)                54.9%                   53.5%              8.3%
ライトコイン(LTC)                          –                     3.1%                   8.3%
イーサリアム(ETH)                 16.0%                   21.4%                   8.3%
ネム(XEM)                          –                     1.3%                   8.3%
ジーキャッシュ(ZEC)                   0.3%                     0.4%                   8.3%
ダッシュ(DASH)                   8.2%                     1.3%                   8.3%
イーサリアムクラシック(ETC)                          –                     0.7%                   8.3%
モネロ(XMR)                          –                     1.4%                   8.3%
リップル(XRP)                 16.0%                     9.9%                   8.3%
リスク(LISK)                          –                     0.5%                   8.3%
オーガー(REP)                   0.7%                     0.2%                   8.3%
ビットコインキャッシュ(BCH)                   3.8%                     6.3%                   8.3%

最小分散Pの統計データを簡単にまとめると以下となります↓

  • 時価総額Pよりも低いリスク
  • 時価総額Pよりも高い実績リターン
  • 日本株との相関も低位を維持

それなりに効果を確認することができた仮想通貨の最小分散P、皆さんもトライしてみてはいかがでしょうか?

それでは、皆さんも投資で明日を切り開きましょう!

ではでは。

※ くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*