【仮想通貨分析】コインチェック銘柄の2018年騰落率ランキング

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

2018年は、負のイベントが沢山起きて仮想通貨市場が死んだ年でしたね。2018年初に書いたブログで威勢の良いことを言ってましたが、見事に泣く羽目になりましたね(笑)

さあ、2018年、仮想通貨市場にはまだ福は残っているんでしょうか?今年の終わりを笑って過ごせるように頑張っていきましょう!

(出所:当ブログ『【仮想通貨分析①】コインチェック銘柄の2017年騰落率ランキング』より抜粋)

さて今回は少し悲しい話ですが…2018年に仮想通貨投資を開始していた場合、どの銘柄がどの程度下落していたのか、ランキング形式で調べてみました!

2018年は、2018/1/6にピークを打って以降は、コインチェックによる時価総額500億円超のNEM流出という衝撃的な事件も相まって全通貨がダダ下がっていく展開でした。

とはいえ、その下落率には銘柄によって差がありました。

果たして、どの銘柄が一番マシだったのか?それでは、早速確認をしたいと思います!

コインチェック銘柄のランキング発表!

コインチェック上場銘柄は現在9銘柄まで減っていますが、今回確認するのは2018年初に上場されていた以下の13銘柄とします。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. リスク(LSK)
  5. ファクトム(FCT)
  6. モネロ(XMR)
  7. オーガー(REP)
  8. リップル(XRP)
  9. ジーキャッシュ(ZEC)
  10. ネム(XEM)
  11. ライトコイン(LTC)
  12. ダッシュ(DASH)
  13. ビットコインキャッシュ(BCH)

上記の銘柄に2018年初に投資していたら、年末には何割まで落ち込んでいたのかを確認したのが以下のチャートです↓

2018年コインチェック銘柄ランキング一覧

(出所:Coin Metricsより筆者作成)

いかがでしょうか?

ビットコイン(BTC)はやはり下落に強いですね。3割弱の水準に留まっています。一方で、ネム(NEM)…6%まで下がっています。やはり流出事件の負の影響は大きかったようですね。

リップル(XRP)は2017年の1年で363倍と最大の上昇を記録(BTCは15倍)していたのですが、そこからの下落という観点で見ると、2割弱の水準で留まっているのは凄いですよね。

2017-18と2年間投資していたら62倍になっています。

2018年にビットコイン(BTC)に10万円投資をしていたら?

見事に上昇率1位となったXRPですが、2017年の価格動向はどうだったのでしょうか?

うなぎ上りの勢いで、363倍となったのか?それとも途中で紆余曲折あったのか?実際に確認してみましょう↓

2018年初にBTCに10万円投資をしていた場合の金額推移

(出所:Coin Metricsより筆者作成)

<サマリー>

  • 年を通して右肩下がりで3万円まで下落しています。
  • 4月・7月に持ち直しの兆しが見えますが勢いが続かず翌月以降には下落が続いています。

2017-18年で最も強い通貨だったXRPに10万円投資をしていたら?

2018年初にXRPに10万円投資をしていた場合の金額推移

(出所:Coin Metricsより筆者作成)

 <サマリー>

  • 1月末に一気に5万円にまで下落しています。
  • 以降は一進一退ですが2万円まで下がりました。

 

2019年の仮想通貨市場は?

2018年は仮想通貨にとって悲惨な年でしたが、やはり気になるのは2019年の価格動向です。

各国の規制やカストディサービスも整備が進み、機関投資家が参入し易い環境になってきているので、個人的には価格上昇することを期待してはいるんですけどね。

実際、エンダウメント投資法の具体例として紹介したイェール大学も400億円ほど仮想通貨ヘッジファンドに投資を開始していますので。

2017年はバブルで2018年はそれが弾けたて価格が元に戻ってしまった年と考えると、2017-18年の2年間で上昇率が低い通貨が2019年は上昇率が高くなるかもしれませんね。

という訳で、その観点でも通貨を横比較してみるとZECが最も上昇率が高くなるかもしれません(現在コインチェックには上場されていないので、他の取引所で買う必要あり)。

ZECは昨年10月アップグレードに成功しており、ファンダメンタルズ的にも期待できそうですが、匿名通貨というのが対当局という意味で価格上昇の重しとなっていますので注意が必要です。

2017-18年コインチェック銘柄ランキング一覧

(出所:Coin Metricsより筆者作成)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、コインチェックに上場している仮想通貨の2018年下落率をランキング形式で調べてみました。

記事の内容をざっくりまとめると、以下となります↓

  • 2018年のランキングは?
    • 最上位はビットコイン(BTC)の29%
    • 最下位はネム(NEM)の6%
  • 2017-18年の2年間ではリップル(XRP)が62倍と最も上昇
  • 2019年の上昇率が高くなる可能性のある銘柄はジーキャッシュ(ZEC)

2019年仮想通貨市場の再始動を期待しています!

それでは、皆さんも投資で明日を切り開きましょう!

ではでは。

※ 投資は自己責任でお願いします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*