仮想通貨への投資を拡大するヘッジファンド

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

ヘッジファンドが仮想通貨やICOへの投資を加速・拡大させているようです。仮想通貨専門のヘッジファンドもいれば、従来のヘッジファンドがブロックチェーン関連の株式銘柄や仮想通貨にも投資のを分散化させています。

ヘッジファンド

ヘッジファンド英語Hedge fund)は、金融派生商品など複数の金融商品に分散化させて、高い運用収益を得ようとする代替投資の一つ

(出所:Wikipedia『ヘッジファンド』より抜粋)

そんな仮想通貨ヘッジファンドのインデックスが、インデックスプロバイダーとして著名なHedge Fund Research社より提供され始めたので、本日はそのリターンデータを確認してみましょう。

さて、仮想通貨に投資を行うヘッジファンドのインデックスのパフォーマンスは良い感じなのでしょうか?

直接ビットコイン等に投資するより高いリターンを獲得できているのでしょうか?

その結果をみていきたいと思います。

Hedge Fund Research社が提供のインデックスの内容は?

HFR社が提供する仮想通貨関連のインデックスは以下の二つがあります。

  1. HFR Cryptocurrency Index(HFRBCC)
    (定義概要)
    ビットコインや他の仮想通貨を直接トレーディング運用するヘッジファンドのパフォーマンスを集計したインデックス

  2. HFR Blockchain Composite Index(HFRBCI)
    (定義概要)
    1のHFRBCCの定義に属するヘッジファンドに加え、ブロックチェーン関連のビジネスを加発・提供する企業に投資を行うヘッジファンドのパフォーマンスを集計したインデックス

    (出所:Hedge Fund Research社ウェブサイトより抜粋)

1のインデックスは、仮想通貨を色々な手法でトレーディングすることで直接利益を得るファンドの集合のようですね。分かり易いです。一方で、2のインデックスは、直接的・間接的の両方で、仮想通貨やブロックチェーンの利益を享受するタイプのヘッジファンドを対象にしているということですね。

1の方が直接仮想通貨に投資する分、リスクも高いですがリターンも高そうなイメージですね。2は間接的な投資も含むのでリターンは相対的に低そうですが、株式等に投資を行うのでリスクも低そうな気がします。。

それでは、実際にそれぞれインデックスのパフォーマンスをみていきましょう!

HFRBCCとHFRBCIのパフォーマンスは?

ベンチマークとしてビットコインのパフォーマンスを比較に載せ、各インデックスのパフォーマンスを確認します。
※ インデックスがドル建ての数値なので、ドル建てでの確認となる点にご注意ください。

インデックスの開始が2015/1月からなので、仮に2014/12月末に1ドル投資した場合に、2018/4月末にいくらになっていたのかを示します↓

(出所:HFRおよびCoin Metricsより)

 単純にビットコインやリップルに投資するよりは高いリターンを上げています。他にも仮想通貨は山ほどあるので、一概には言えませんが、ヘッジファンドを通した仮想通貨への投資は上手く行ってそうですね。

またどちらのインデックスでも大差はないですが、若干HFRBCCの方が5ドルほど収益が高く事前の印象通りです。

過去3年間のリターンとリスクは以下となります(年率)↓

  リターン リスク
HFRBCC 352% 104%
HFRBCI 363% 104%
BTC 247% 82%
XRP 381% 497%

こうしてみると、ビットコインよりはリスクが高いものの、リップルよりはリスクはかなり低くリスク管理という意味でも相対的に上手く行ってそうです。

また、ビットコインに対する相関係数は0.8とビットコインの値動きにリターンが大きく影響を受けるのは否めないようです。

という訳で…

ヘッジファンドによる仮想通貨への投資は拡大してきていますが、今のところ上手く行っていそうな印象です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、仮想通貨ヘッジファンドのインデックスが、インデックスプロバイダーとして著名なHedge Fund Research社より提供され始めたので、リターンデータを確認してみました。

まとめると下記3点となります↓

  1. 過去3年程度はビットコインを単独で持つよりパフォーマンスが良い
  2. リスクはビットコインより相対的に高いがリップルのようなアルトコインよりは低い
  3. 基本的にはビットコインの値動きに影響を受け易い

どうですか?それなりに良い感じですよね?

果たして、日本からでも投資できる先があるのか、分かりませんがHedge Fund Research社に問い合わせれば中のファンドを紹介してくれるようなので興味がある方は連絡してみて下さい!

それでは、皆さんも投資で明日を切り開きましょう!

ではでは。

※ くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*