仮想通貨やトークンをなるべく安全に保管する方法

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

いや~コインチェックのNEM流出事件で、仮想通貨業界全体が揺れていますね。

最近、更新が途絶え気味だったので、一部の人に心配されましたが、僕は元気です(笑)

それにしても、500億円弱を補償するという意思決定を、とんでもないスピードで出してきましたね。驚きました。今回の事件を受けて、いかに取引所に預けっぱなしにしておくことがリスキーか、肌で感じた人は多かったのではないでしょうか?

私は、基本的に取引所には預けずに、ハードウェアウォレット等で保管するように心がけています。最近は、この仮想通貨のセキュリティ全般について、アドバイスをよく求められます。

そこで、少しタイミングを逸している気はしますが、私なりの仮想通貨に対するセキュリティの考え方について記事にします。

仮想通貨取引所におけるセキュリティについて

まず、仮想通貨を売買する取引所におけるセキュリティです。

整理すると、以下の情報が全て第三者に知られると、通貨のハッキング・盗難をされることになります。

  1. ID(通常はメールアドレス)
  2. パスワード
  3. 二段階認証

逆に言えば、これらの情報が守られれば、第三者にハッキング・盗難されるリスクは下がる訳です。

色々な方が色々な方法を提示していますが、ここでは私なりの方法を提示します。

私は、海外取引所も含め、複数の取引所を開設していますが。いずれも同様の方法でセキュリティレベルを高めています。

  • まず最初に、取引所を開設後に、必ず二段階認証は設定します。これは必須と言って良いでしょう。それでも、二段階認証を破る方法はあるようなので、これだけでは完ぺきではないです。
  • 続いて、ID・メールアドレスですね。これは、hotmail等のフリーアドレスを利用し、取引所ごとに異なるようにしていますが、そこまで複雑ではないメアドを設定・利用しています(これは、複雑なメアドを設定するなど、よりセキュリティレベルを高めている方もいます)。
  • 最後に、パスワードですが、英数字・記号を混ぜた長いパスワードをランダムに生成するアプリを自作して利用しています。これを毎月新しく生成し、パスワードの更新を行っています。

パスワード等の管理は、エクセルで行い、ファイルはUSBキーで保管しています。こうすることで、取引するとき以外は、情報がオフライン上で管理されるようにしている訳です。

このようにして、取引所のセキュリティレベルを高める方策を取っています。

仮想通貨やトークンの保管方法について

ここまで述べてきたのは、あくまで個人が標的にされた時にハッキングされないようにする方策です。今回のコインチェックNEM流出事件のように、取引所が狙われた時に、取引所に置きっぱなしにしていると、一たまりもないのは皆さんの知るところです。

この事態を防ぐためには、取引所から別の場所に保管する必要があります。保管場所のセキュリティ(悪いハッカーからの狙われる確率の高さも含め)は、以下のような順で高くなっていきます。

  1. 取引所のウォレット:ハッカーにも狙われ易くセキュリティが取引所に依存するため安全性は低い
  2. ウェブウォレット:取引所には置かないため狙われる率は低くなるがオンライン上に保管するのは変わらないため安全性が高いとは言えない
  3. ハードウェアウォレット(ペーパーウォレット):オフライン上で仮想通貨を保管できるため安全性は最も高い

通貨やトークンごとに対応が異なってくるため、はた目にもやり過ぎな人は、ハードウェアウォレットを複数用意して最高レベルにセキュリティを高めています。

私は、ハードウェアウォレットとしてはLedger Nano Sだけを購入して対応している通貨はすべてそこで保管しています。これは欧州の正規店で購入しました。

また、対応していない仮想通貨については、ウェブウォレットをダウンロードして設定し、取引所から移管して保管しています。

最後に、ICOに参加する等で、得たトークンは、MyEtherWalletとLedger Nano Sを連携させることでなるべくセキュリティレベルを高める形で保管をしております。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、私なりの仮想通貨の保管方法やセキュリティに対する考え方をシェアしてみました。

この保管方法は、あくまで長期ホールドを前提にしているので、頻繁にトレードしたいという方にはあまり向いていません。加えて、やり過ぎな人と比べると割と簡素なやり方はあるのですが、それでも正直面倒くさいです(笑)

実際、私がアドバイスした方で、「面倒だし、そこまで保有高もないから、取引所ウォレットに保管で良いや」という方もチラホラいました。手間とセキュリティレベルはトレードオフなので、この辺は考え方次第なのかもしれませんね。。

皆さんはどうされますか?

それでは、皆さんも投資で明日を切り開きましょう!

ではでは。

※ 投資は自己責任でお願いします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*