【IOTA?】次世代暗号通貨技術DAGとは?【GBYTE?】

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

IOTAGBYTEという仮想通貨をご存知でしょうか?

代表的な仮想通貨ビットコインにも利用されるブロックチェーンとは異なる技術が用いられている通貨です。その技術はDAG(有向非巡回グラフ)と呼ばれ、次世代暗号通貨技術として、現在俄かに注目が集まり始めています。

DAGが使用されている仮想通貨はまだ少なく、現状ではIOTAとGBYTEの2つのようです(正確には、もう一つあるようなのですが、極めて怪しい通貨なのでここでは敢えて取り上げません)。

今回は、新技術DAGと、上記の2つの通貨の概要を紹介します!

DAG(有向非巡回グラフ)とは?

ブロックチェーンでは、あるブロックに着目したときに、前後につながるブロックが必ず1つになるのに対し、DAGではブロックチェーンと同じように「向き」があるものの、あるブロックの前後には複数個のブロックが同時に連結可能という特徴があるそうです(以下の図表参照)。

DAGの概念図

(出所:『GBYTEホワイトペーパー』より)

DAGでは、ビットコインのようなブロックサイズの概念がないため、理論上は無限の量の取引処理が可能なため、ブロックチェーン構造の暗号通貨よりもスケールし易いという特徴があります。

このため、DAG構造を持った暗号通貨は、非中央集権的な世界観を失うことなく、①送金スピードを早く、②低コストでの送金や決済といった取引が可能になるそうです。

最近、ビットコインは取引コストが高くなっており、取引所も送金手数料を値上げしたり、オンラインショップでビットコイン決済を拒否される等の事象が起きています。

こうした背景から、ビットコインの次の基軸暗号通貨の物色が俄かに始まっています。巷では、ビットコインキャッシュか?ということが言われています。。

しかし、ビットキャッシュはブロックチェーン構造であることには変わりなく、ビットコインの延長線上にある通貨のため劇的な変化は期待できないかもしれません。

このため、根本的に技術の異なるDAG構造の仮想通貨に期待が集まり始めている訳です。

IOTA(アイオータ)とは?

IOTAは、IoT(Internet of Things)の枠組みで期待される通貨で、IoT機器間の取引にかかる小さな容量のデータのやり取りを独自の台帳に記録することができます。

特徴は、DAGに基づく技術により取引手数料を完全無料にしていることです。その理由は、IOTAでは、特定の採掘者が取引を承認するのではなく、利用者一人一人が取引の承認者になるからです(ブロックチェーンでは、採掘者に報酬が支払われ、それが取引コストとなる)。

IOTAとIoT機器を活用することで、より柔軟にリアルタイムかつ細かな料金支払いが可能となる。例えば、レンタカーで走行距離分だけ数メートル刻みや利用時間分だけ自動車保険をかけることが可能となります。

こうした技術に目を付けた、独自動車部品大手のロバート・ボッシュが、グループ会社のベンチャーキャピタルファンドを通して、大量のIOTAトークンを購入したと発表しています。

この発表を受け、IOTAは価格を大きく上げています↓

(出所:『Cryptocompare:IOTA』よりBTC建て価格を表示)

IOTAは、ある程度価格が上昇して現在低迷気味なのと、市場時価総額が7位にまで来ており、ここから更に上昇していくかどうかは微妙な状況と言えそうです。

GBYTEとは?

一方、GBYTEはIOTAと異なり、わずかな取引コストが発生します。

GBYTEでは承認方式として、witnessと呼ばれる重要なノードが生成したDAGをベースに、取引における二重支払いを防ぎます。このwitnessは、承認することによる手数料をインセンティブとして運用されているため、取引コストが発生することになります。

GBYTEには、P2Pを利用してチャット上で支払いが可能という特徴に加え、チャットbot機能、P2Pを利用した保険やギャンブルを行うことができるそうです。

また、IOTAが小口決済に特化しているのに対し、GBYTEは、小口決済機能も持ちながら、より汎用性がある設計になっていることが特徴と言えます。

IOTAの価格上昇を受けDAGが認識され始め、同じDAG構造を持つGBYTEの価格も上昇してきています↓

(出所:『Cryptocompare:GBYTE』よりBTC建て価格を表示)

とはいえ、BTCと対比して、ピークの水準からはまだまだ低位にあり、DAGに対する認識が増え始めるに従って価格は上昇していく可能性が高そうです。

時価総額の順位も50位と、低位な状況なので、伸びしろはIOTA以上と言っても過言ではないと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ブロックチェーンの次の技術として注目されるDAGを取り上げ、その技術に基づいた仮想通貨IOTAとGBYTEを取り上げました。投資先としては、個人的にはGBYTEがオススメです。

DAGの認識が広まれば、過去の最高値(BTC建て)を超えるポテンシャルは持っているのではないかと考えています。

GBYTEは、以下の取引所で購入可能なのでぜひ投資を検討してみて下さい!

  1. Bittrex
  2. CryptoX
  3. Cryptopia

それでは、皆さんも投資で明日を切り開きましょう!

ではでは。

※ 投資は自己責任でお願いします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*