【第5回家族投資会議】12月は総資産額が急上昇!

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

という訳で、家族投資会議の第5回目を開催しました!

2017年、振り返ってみるとあっという間に過ぎましたが、私は仮想通貨投資を始め、妻も株式投資を大きく加速させた、ある意味節目の年です。仮想通貨と株式、どちらが良かったのか?その明暗が分かれた、面白い会議となりました。

今回は、ふるさと納税でゲットした飲茶セットがお供です。息子も慣れたもので、「投資会議、まだ~?」と言ってくれました。

12月は仮想通貨が急上昇で、木戸家の総資産額が過去最高を大幅に上回りました!「素晴らしい」を通り越して恐くなってきています。

それでは、2017年の締め括りのタイミング、木戸家の資産はどこまで伸びたのか?早速、見ていきましょう!

木戸家の資産保有状況公開

木戸家の資産保有状況です、ドンッ!

妻が投資している国内株式以外は、私の投資先となります(以下、サマリー)。

  • 9.5割超を現金以外に投資
    ⇒株式や仮想通貨が大半でリスクの高いポートフォリオ
    ⇒不動産はREIT(Real Estate Investment Trust)
  • 仮想通貨の割合が増加
  • 仮想通貨以外の割合が減少

仮想通貨の保有割合が急上昇しました。

さて、12月の運用成績ですが、全体としては前月比+100%という驚異的な結果となりました!

12初旬以降のアルトコインの急上昇が大きなけん引役に。妻が投資する国内株式も上昇して、約2年前の投資開始来の累積リターンは年率+162%と最高値更新です。

仮想通貨は、投資来で+368%のリターンです。安値で拾えていた仮想通貨といくつかのICO銘柄が大幅に上昇してくれたことが大きな要因です。

12月初旬までのビットコインの上昇に追い付くような勢いで、アルトコインやトークン市場全体が押し上げられていました。

投資を行ったICO銘柄で、上場していない銘柄が2つ残っているので、どんな価格になるか楽しみです!

一方で、妻の国内株式が死んでます。前月比▲9%と、大幅な含み損を抱えることになりました。

高値をジャンピングキャッチした銘柄が主に死んでいるようです。株式市場全体がほぼ横ばいだったので、それと対比しても負けているので、12月は厳しかったですね。

という訳で、12月は仮想通貨と株式の明暗が分かれる結果でしたね。

来年の投資方針について

私は、来年の投資方針として、売買は控えて今持っている銘柄を長期保有予定です。ただし、含み益の薄い仮想通貨で、一部の銘柄は売却するかもしれません。

妻の来年の投資テーマは、長期分散投資です。短期売買では、中々、勝てないことと悟り長期保有を心に決めたそうです。銘柄選別を今まで以上にしっかり行い、かつ銘柄を集中させ過ぎないように心掛けるとのことです。

今年は、一年の総括を気持ちよく終えられました。仮想通貨市場が大きく上昇してくれて本当に良かった。とはいえ、利益確定はできていないので、気づいたら資産がゼロになっている可能性も高いです。

周りにも仮想通貨に投資している友人が増えてきたので、情報交換をしながら更なる飛躍を目指したいと思います!

それでは、皆さんも投資で明日を切り開きましょう!

ではでは。

※ 投資は自己責任でお願いします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*