【月に向かうICO銘柄②】Status Network(SNT)の価格が急上昇中

「『お金に働かせる』をもっと身近に!」、eVestment BootCampの管理人、木戸です。

ビットコインが、ついに10,000ドルを超えましたね~。

バブル、バブルと言われながら、すごい勢いで上がっています。これもバブルの兆候の一つなのかもですが。。

とあるサイトで、過去のバブルとビットコインの価格上昇を比較するチャートがあったのですが、最古のバブルと言われる「チューリップバブル」と価格の上昇の仕方が、ほぼ同じでした(笑)

全く同じ動きをするのであれば、15,000ドルまで上昇したのちにバブルが弾けるようです。。

引き続き、ビットコイン以外の資産、株式や不動産、債券も世界的に高騰していて、仮想通貨市場だけでなく、金融・不動産市場も高騰気味です。

さて、仮想通貨相場が活況のなか、ビットコイン以上に価格を急上昇させているトークンがあるんです。

Status Network(SNT)の価格が急上昇中

ICOを成功させ、今年の6月に各取引所に上場したものの、直近まで価格が低迷していたのですが、現在急上昇中の銘柄Status Network(SNT)の価格動向をご紹介します!

(出所:Cryptocompareより)

約5か月前にICOを成功させ、上場後は価格が低迷していました。しかし、最近になって、プロジェクトに進展があり、ビットコイン以上の勢いで価格が上昇しています。現在は、若干失速していますが、長いこと低迷していたので、ホールドしていた人は嬉しいのではないでしょうか?

ICO時の価格が、約3.3円で、現在7~8円なので結構上がりましたね~。

Status Network(SNT)とは?

SNTは、Ethereum上に構築された分散型モバイルメッセージングプラットフォームです。分散型でコミュニティ主導のアプローチで、これを達成する初のメッセージングアプリケーションとなることを目標としているそうです。

App StoreやGoogle Playのようなアプリを提供するプラットフォームの役割をSNTが行うと捉えるとわかりやすいようです。

発行されたトークンSNTが、アプリ内でのサービスの対価として支払うことに用いられるため、需要が見込まれるものと思われます。

こういったサービスは、すでに中国の「WeChat」という似たようなビジネスモデルで成功しているアプリがあります。成功事例があるからこそ、私は長期保有前提で投資を決めました(ICO時には買えなかったので、取引所で購入)。

SNTのチームは、頻繁にプロジェクトの進捗を報告してくれていて、投資家には嬉しい対応をしてくれています。

Status Network(SNT)のプロジェクトに何があったの?

そして、直近のメキシコのカンクンで開かれたイーサリアムプラットフォームに乗っている開発企業が集う年次フォーラムにて、SNTより以下のような多くのプロジェクトの進捗発表があり、注目を浴びた訳です。

  • iOS/Androidアプリ最新版のお披露目
  • COOに元グーグルエンジニアのNabil Naghdy氏を起用(Googled MapやGoogle Flightを成功に導いたエンジニア)
  • 独自ハードウェアウォレットの公開

この発表のあと、2.8円付近にあった価格が5円弱にまでジャンプしました。

このように裏付けがあって上昇していると安心感がありますよね。このまま失速せずに価格が上がって行って月まで連れて行ってくれることを祈っております!(笑)

それでは、皆さんも投資で明日を切り開きましょう!

ではでは。

※ 投資は自己責任でお願いします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*